潰瘍性大腸炎 ペンタサ 副作用

潰瘍性大腸炎の代表的な薬・ペンタサの副作用とは

スポンサーリンク

日本人の食事が欧米化してきたことに伴って、潰瘍性大腸炎という腸の疾患が増えてきました。
治療は薬物で行われることが多くありますが、その中でも代表的な薬にペンタサというものがあります。
ここでは、そのペンタサの効果と副作用について紹介します。

 

 

【潰瘍性大腸炎とは】
大腸の粘膜に炎症が生じ、びらんや潰瘍ができる炎症性腸疾患の一つで、難病に指定されています。
多く見られる症状は便の異常で、血便を生じます。
炎症の範囲が広がると、下痢や軟便、腹痛などの症状が持続的かつ反復的に見られます。
さらに悪化すると、体重減少や発熱など症状が全身に及ぶこともあります。

 

潰瘍性大腸炎の発症の原因は食生活が大きく影響していると言われていますが、はっきりとしたことは明確にされていません。
食生活のほか、遺伝的な要因や腸内細菌叢の変化など、様々な要因が重なり合うことで発症すると考えられています。

 

 

【主な治療法】
潰瘍性大腸炎の治療は症状の進行程度によって治療法も異なってきます。
症状が比較的軽度の場合、内服薬での治療が基本となります。
潰瘍性大腸炎は、症状が落ち着く緩解期と症状が活性化する再燃期を繰り返すことが特徴です。
薬での治療は、症状が落ち着く緩解期をなるべく長く持続させることが主な目的となります。

 

スポンサーリンク

 

【ペンタサの効果】
潰瘍性大腸炎の治療で、ペンタサという薬がよく使われます。
ペンタサは炎症細胞から放出される活性酸素を消去して、炎症の進展を抑える効果があります。
これにより、腹痛や血便などを改善されることが期待できます。
ペンタサの服用で症状が改善した、という患者も多くいると言われています。

 

 

【ペンタサの副作用】
潰瘍性大腸炎の症状改善を現す一方で、この薬にも副作用があります。
腹痛や下痢、吐き気などの副作用の可能性があります。
また極めてまれな例ではありますが、肝炎、肺障害、血液障害などの副作用が現れたという報告もあるとされています。
他には発疹、かゆみといった皮膚症状も副作用の例として挙げられます。

 

薬による治療を行う場合、医者から指示された量と回数を守ることが副作用のリスクを軽減するために大切です。
また、薬の服用中に何らかの異変が起こった場合は、直ちに服用を中止して医療機関に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク