潰瘍性大腸炎 大腸癌 発症率

潰瘍性大腸炎は大腸癌への発症率が高いです

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎と大腸癌、両者の間には大きな関係があることが知られています。
そのため、長年潰瘍性大腸炎の症状がある人は注意する必要があります。
大腸癌の発生率が高いので、気になる症状があれば早めに診察することが大切です。

 

 

【潰瘍性大腸炎と大腸癌の発症率】
長年にわたって潰瘍性大腸炎を患っている方は、大腸癌についての注意も必要です。
というのも、潰瘍性大腸炎は大腸癌の発症率が高いからです。
そのため病気を患っている人は、必ず専門医の指示のもとに、定期的な内視鏡検査を受けることをオススメします。

 

この定期検診で、大腸癌の発症率を抑えることができます。
潰瘍性大腸炎というのはその名前の通り、大腸に炎症を生じる病気のことです。
もともと日本人には少ない病気として知られていましたが、食の欧米化などの影響もあり、大腸癌と同じようにかかる人が増えています。
その原因は解明されておらず、何かしらの免疫異常とされています。

 

スポンサーリンク

 

【ガンになりやすい病気です】
潰瘍性大腸炎の炎症は直腸からの発生が多く、その後に結腸に向かって症状が広がります。
この炎症により、下痢や血液、また、粘液などが混じった軟便が出ることがあります。
さらに、体重が減る患者さんも少なくありません。
病気の症状ですが、快方に向かう寛解期と、悪化してしまう活動期を繰り返すことが多いのが特徴です。
そのため患者さんの中には、長年この病気と闘っている方も少なくありません。

 

しかし、大腸ガンの発症率が高いので気をつける必要があります。
潰瘍性大腸炎と大腸ガンは、それぞれ大腸の粘膜に潰瘍ができる病気です。
このように類似性がありますが、医学的には別の病気として分類されています。
病気を長い間患っていると、大腸癌への発症率が高くなりますので注意しておきましょう。

 

潰瘍性大腸炎は大腸癌の発症率が高いことで知られています。
両方とも大腸の粘膜に潰瘍ができる病気であり、類似性があるのが特徴です。
ガンへの発症率を抑えるためにも、定期的な内視鏡検査を心がけてください。

スポンサーリンク