潰瘍性大腸炎の合併症 目に出る 対処法

潰瘍性大腸炎の合併症が目に出る時の対処法

スポンサーリンク

日本では、国が指定している難病としても知られている潰瘍性大腸炎は、症状が目に出る合併症を引き起こす可能性もある恐ろしい病気となっております。
そこでこちらのページでは、などの情報をご紹介します。

 

 

【潰瘍性大腸炎の合併症の種類】
潰瘍性大腸炎の合併症は目に出るなど複数の症状がありますが、おおまかに分けると二つに分類されます。
腸管内で起きる合併症のタイプと腸管外で起きる合併症タイプなのですが、腸管内で起きる合併症のタイプの場合には、腸管からの大量出血や中毒性巨大結腸症という腸内に毒素が溜まり、発熱などの全身症状が現れる症状、腸管の狭窄、腸管の閉塞、腸管の穿孔、大腸癌があり、腸管外で起きる合併症タイプは、関節炎や皮膚症状、目の痛み、肝機能障害などになります。
潰瘍性大腸炎の合併症が目に出るタイプは腸管外で起きる合併症タイプになります。

 

スポンサーリンク

 

【潰瘍性大腸炎の合併症は目に出るタイプも】
潰瘍性大腸炎の合併症で目に出る症状は、眼症状の中のぶどう膜炎や、その一部の前部ぶどう膜炎が挙げられます。
目に出る症状は非常に頻度が高くなっており、特に欧米で患者数が増えております。

 

このぶどう膜は、虹彩、毛様体、脈絡膜の総称の事で、ぶどう膜炎は、ぶどう膜に炎症が起こる病気です。
病変部は、前眼部の病変として虹彩毛様体炎と、後眼部の病変としての眼底に病変の強い網膜ぶどう膜炎があり、症状は重めです。

 

 

【潰瘍性大腸炎の合併症が目に出る時の対処法】
潰瘍性大腸炎の合併症が目に出る時の対処法は、薬物療法になります。
薬物療法による対処法は、症状の重さによって処方薬は異なりますが、大抵は5-アミノサリチル酸製剤や副腎皮質ステロイド薬などを服用する対処法になります。
しかし、潰瘍性大腸炎の合併症が目に出る時の対処法は、完治させる事ができません。
薬物療法での対処法は、あくまで症状をコントロールする為に用いられます。

 

潰瘍性大腸炎に対する根本的な対処法は確立されていませんが、適切な治療を受けれさえすれば、症状を抑え込み、平穏な日常を取り戻す事ができます。
潰瘍性大腸炎の合併症が気になる時には、早めに専門の医療機関で正しい対処法を指導してもらってください。

スポンサーリンク