潰瘍性大腸炎 プレドニンが効かない 原因

潰瘍性大腸炎の治療の時にプレドニンが効かない原因とは

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎を治療する様々な薬がありますが、その中でも効果的に治療をすることができるプレドニンは、多くの医師が処方する薬ですが、このプレドニンが効かないことがあります。
なぜ効かないのかその原因を理解することで早い段階で正しい治療を施すことができます。

 

 

【潰瘍性大腸炎の治療をするときにプレドニンが効かないときの原因】
プレドニンはステロイドの薬で潰瘍性大腸炎の治療をするときに最も重要な薬として知られています。
ただ潰瘍性大腸炎の治療をする際に服用をするときにプレドニンが効かない 可能性があります。
そのときにどのような原因があって聞かないのかを十分に理解しておかなければいけません。

 

プレドニンが効かない原因として用量が間違っている可能性があります。
潰瘍性大腸炎の治療をするときはステロイドが重要なポイントになりますが、このステロイドは副作用もあるので、用量を間違ってしまうと副作用が出てしまう危険性があるので、少量のプレドニンを服用していると効かないこともあります。

 

スポンサーリンク

 

【プレドニンとステロイドの関係】
プレドニンなどのステロイドは量を減らしていくのが難しいと言われている薬なので、最初から少量の薬を処方した結果、プレドニンが効かないという原因を招いてしまう可能性があります。

 

プレドニンなどのステロイドは減量していくのが難しいので、最初から多量の薬は処方されませんし、潰瘍性大腸炎の症状が良くなったと思っても、患者個人の判断で飲むのを止めてしまってもプレドニンが効かない原因となってしまいます。
自分で勝手に判断をして、服用するのを止めてしまうと、減量の段階で離脱症状が起こる危険性もあります。

 

プレドニンが効かないということは珍しいことではなくて、潰瘍性大腸炎の治療をしている人なら誰でも起りえる可能性があります。
だからこそなぜ効かないのかその原因をしっかり追究しながら、担当医から正しい治療方法を聞きながら効かないときは別の手段で治療をするようにしてください。

スポンサーリンク