潰瘍性大腸炎 難病申請 メリット デメリット

潰瘍性大腸炎になったときの難病申請をするメリットとデメリット

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎は難病に指定されているので、難病申請をしなければいけません。
腸の病気なのに難病なの?と疑問に感じている人もいるかもしれませんが、この病気は症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す病気なのに難病指定されています。

 

 

【手続きをしよう】
潰瘍性大腸炎は指定難病に定められているので、最寄の保健所で手続きをします。
手続きをすることが面倒でデメリットだと感じる人も多いですが、手続きをすることで指定医療機関における治療をしたときの医療費の自己負担分の一部が国や都道府県から助成される仕組みとなっています。

 

潰瘍性大腸炎は完治する治療法が確立していないために長期療養を必要とする疾患ということで指定難病に定められているので、長期の治療を覚悟しなければいけないので、そのようなときに治療費の負担を減らすためにも難病申請をしなければいけませんが、申請をするのもメリットとデメリットがあります。

 

スポンサーリンク

 

【難病申請をしよう】
潰瘍性大腸炎になったときに難病申請をするメリットは、治療費の負担を減らすことができることです。
この病気になってしまうと長い期間治療しなければいけません。
そのときに治療費も大きな負担となってしまいます。
そのときに申請をすることで治療費の負担を減らすことができます。
デメリットだと感じる人は自分で負担しなければいけない可能性があるので注意しなければいけません。

 

潰瘍性大腸炎になったときに難病申請をするデメリットは、助成金が振り込まれるまで時間がかかってしまうということです。
申請をするときは医師から診断書をもらってそこから関係機関に行って手続きをしなければいけないデメリットがあります。
手続きが終わらないときも治療をして自分で治療費を負担しなければいけません。
そうなってしまうので、あらかじめ自分で治療費を確保しておかなければいけません。

 

潰瘍性大腸炎になったときに多くの人が難病申請をしますが、そのときに申請することの利点とデメリットをしっかり理解してどのように申請すれば良いか、潰瘍性大腸炎の難病申請をしたときに自分にとってどのような利点があり、どのような部分がデメリットなのかを理解するようにしてください。

スポンサーリンク