潰瘍性大腸炎 アサコール 副作用

潰瘍性大腸炎とアサコールの副作用について

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎の症状で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
早期発見・早期治療が大切ですので、気になる症状がある時は早めに対処する必要があります。
ここでは、この潰瘍性大腸炎について見てみます。

 

 

【潰瘍性大腸炎について】
潰瘍性大腸炎というのは、大腸の粘膜に炎症が起こり、ビランや潰瘍が生じる原因不明の病気として知られています。
この病気の中には、細菌や薬剤など原因がわかっている炎症性腸疾患や、原因がわからない非特異的炎症性腸疾患があります。
潰瘍性大腸炎は、クローン病と同じように非特異的炎症性腸疾患になります。

 

ちなみにクローン病というのは、口から肛門にかけての消化器に炎症を生じる病気のことです。
潰瘍性大腸炎の治療法も様々ですが、その1つにアサコールがあります、
アサコールによる治療法は効果がありますが、その副作用が気になるところです。
実際に副作用の症状が出た人もいますので、事前に確認しておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

【アサコールの副作用について】
病気の治療法としてアサコールがあります。
アサコールは潰瘍性大腸炎に威力を発揮してくれますが、患者さんの中には副作用を気にする人も少なくありません。
実際の副作用としては次の点が挙げられています。
過敏症状、腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、食欲不振、便秘、下血、血便、全身倦怠感、発熱、頭痛、むくみ、肝・腎機能障害、心筋炎・心膜炎・胸膜炎、血液障害、膵炎、筋肉痛、関節炎、腹部膨満などです。

 

また、治療を続けていると、潰瘍性大腸炎が悪化することもありますので注意する必要があります。
このように、人によっては副作用が出ることもあります。
アサコールの治療で以上の副作用が現れた時は、使用を中止して早めに医師に相談してください。

 

潰瘍性大腸炎は、原因がわからない非特異的炎症性腸疾患に分類されます。
治療法としてアサコールがありますが、人によっては副作用が出ることがあります。
副作用が出た時は使用をやめ、早めに医師の診察を受けましょう。

スポンサーリンク