潰瘍性大腸炎の治療 入院期間

潰瘍性大腸炎の治療の入院期間はどれくらいか

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎の治療をするときに入院して本格的に治療をしますが、どのくらいの入院期間になるのか気になる人も多いようです。
仕事をしている人であれば会社を休むこともできないので、そのような場合に生活に支障をきたさないためにも、潰瘍性大腸炎の治療をするときの入院期間を理解しておくことが重要になってきます。

 

 

【症状によって異なります】
潰瘍性大腸炎の治療をするための入院期間は、症状が軽い場合は1週間、重症などの場合は1ヶ月以上は入院しなければいけません。
劇症の場合だと3ヶ月から4ヶ月は入院しなければいけない厄介な病気です。
潰瘍性大腸炎の治療をするための入院期間で1週間と3ヶ月から4ヶ月では雲泥の差があり普通の生活にも影響してしまいます。

 

長期入院にならないためにも潰瘍性大腸炎は早期発見、早期治療が重要になります。
いつもと違う腹痛を感じたり、血便、下痢と発熱などの症状が出たら潰瘍性大腸炎を疑ってすぐに専門医に相談できる病院で診察を受けるようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

【潰瘍性大腸炎で入院した場合】
潰瘍性大腸炎で入院した場合は絶食になることが多いです。
腸の病気なので口から食べると負担がかかってしまうので、絶食時は点滴をしてカロリーを摂取します。
潰瘍性大腸炎の治療をするための入院期間が長ければ長いほどずっと点滴をするので体重は一気に減少していきます。

 

症状が悪化している場合は手術をしなければいけないので、外科手術をするとなった場合はさらに入院期間は長くなります。
基本的には薬物療法で治療をして症状を緩和させますが、症状が進行していると、薬物療法ではなくて外科手術をすることになります。
外科手術までやらないといけないくらい症状が進行しているとがんに発展してしまう可能性があるので、そうならないためにも、早期発見をして潰瘍性大腸炎の治療をしなければいけない病気です。

 

潰瘍性大腸炎の治療をするときの入院期間は症状によって異なります。
早期発見することができれば入院期間も短くて済みますので、普段の健康診断や人間ドックを定期的に受けて大腸の健康状態をチェックしておくようにしてください。

スポンサーリンク