潰瘍性大腸炎 プレドニン 副作用

潰瘍性大腸炎のプレドニンの副作用

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎は果たしてどのような方法で治療して行けばいいのでしょうか。
潰瘍性大腸炎では、薬によって治療がおこなわれて、そのとき、プレドニンというステロイドが使用されることがあります。
そのとき、みなさんはプレドニンの副作用について心配しているかもしれないですよね。

 

 

【潰瘍性大腸炎の治療 プレドニン】
実際に、潰瘍性大腸炎は、プレドニンというステロイドによって治療が出来るかと言えば、そうではなく、潰瘍性大腸炎は、完治しない病気なのです。
ですから、長期的にプレドニンというステロイドを使用しようという気持ちが起これば、尚更、副作用の心配をしなければなりません。
このような病気だからこそ、副作用の心配をして敢えてステロイドは使用したくないという医師も多いようです。

 

スポンサーリンク

 

【潰瘍性大腸炎のプレドニンの副作用】
実際に、ステロイドは、とても強い薬と言われています。
効果的ということも出来ますが、同時に私達がしっかり考えていかなければならないのは、副作用の問題です。

 

薬とはメリットと同時に、デメリットも同程度抱えているものだと考えください。
一日の摂取限度量まで決められているので、もしもプレドニン・ステロイドという場合では、副作用のためしっかり短期という意識を持つ必要があります。

 

 

【「ムーンフェイス」と「ニキビ」】
潰瘍性大腸炎の治療に向きあうものの、「ムーンフェイス」と「ニキビ」という症状を同時に併発させてしまうリスクも抱えることになります。
「ニキビ」が全身に現れるという事例もあるようですし、「口内炎」のような粘膜がただれるという症状を抱えた人たちもいます。

 

そして、重度の副作用という場合もあり、骨粗鬆症・大腿骨(上腕骨)骨頭壊死・難聴・副腎皮質機能不全・糖尿病などの症状が抱えるケースもあり、かつ、高血圧症・精神異常・鬱病・発育障害など発症するリスクもあり、相当その薬の影響は大きいと考えることが出来ます。
しかし、考えるべきことは、結局はその病気の治療のため、良かれと思い長く使用し続けてしまうことです

スポンサーリンク