潰瘍性大腸炎 発熱 頻度

潰瘍性大腸炎の発熱の頻度

スポンサーリンク

まだまだ潰瘍性大腸炎について判らないことがあるのではないでしょうか。
潰瘍性大腸炎には、発熱があると言われていますが、果たしてどの程度なのでしょうか。

 

 

【潰瘍性大腸炎という病気】
潰瘍性大腸炎というものは、「指定難病」の一つであり、原因が、はっきり分からないことに問題があり、治療のための方法が、きちんと確立していないことに問題がある病気なのです。

 

簡単に治る病気ならいいですが、それもなかなか期待出来ない長期にわたり治療が必要な病気であり、実際に救われていることは、患者は、1000人に1人の割合とされ、少ないことであり、少ないから尚更、潰瘍性大腸炎になった人たちは、どのように対応していいか判らないという問題を抱えているのではないでしょうか。
そして、潰瘍性大腸炎になれば、消化器にトラブルが生じて、腹痛、下痢、血便などの問題も抱えることになります。

 

スポンサーリンク

 

【潰瘍性大腸炎の様々な症状 発熱など】
潰瘍性大腸炎では、腹部に現れるはずの痛みが、腰痛という形で現れるケースもあり、炎症が起こっているから、ある程度の頻度で、発熱が起こる可能性も指摘されています。
しかし発熱の頻度がどの程度かといえば、それほど多い頻度ではないとはされています。
ただし、頻度が少ないというものの、潰瘍性大腸炎の症状のひとつとして、頻度の高い腰痛や、関節痛とともに、発熱もしっかり加えていい問題です。

 

実際に、その病気は、原因がまだはっきりと判っていないことに問題や不安があります。
遺伝が原因とも言われていますが、正しいことは判っていません。
まずは、みなさんがその病気の症状をある程度知識として知ることが大事ではないでしょうか。

 

 

【知識として知るのが大事】
つまり、その病気の症状として典型的なものは、下痢と血便であり、粘液のようなものが出ることもあります。
そして、腹痛、腰痛のリスクも充分に考えることが出来、頻度はそれほど多くはありませんが、発熱のリスクもあると考えてください。
これも発熱とともに頻度は多いということではありませんが、皮膚に発疹が出たりすることもあります。

スポンサーリンク