潰瘍性大腸炎 手術費用

潰瘍性大腸炎の手術費用について

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎にかかると通院したり入院したりして治療を行いますが、症状によっては手術を行う場合もあります。
手術になると当然入院が必要になりますが、手術費用がきになる方も多いはずです。
ここでは、潰瘍性大腸炎に手術費用などを紹介します。

 

 

【潰瘍性大腸炎の治療について】
病院で行う潰瘍性大腸炎の治療には、内科的治療と外科的治療にわかれます。
内科的治療では内服薬などが中心になりますが、この内科的治療で症状が改善されない場合は、手術が必要になることもあります。
内服薬などの内科的治療で腸粘膜の炎症を抑制しますが、症状によっては手術でしか対応できないこともあります。

 

また、大腸が大量出血したり、穿孔が認められたりした時は緊急手術を行う場合もあります。
その他にも、大腸粘膜病変にガンがあるケースや、ステロイドを使用しないと病気が改善されない時も同様に手術を行います。
人によってそれぞれ症状が異なりますのでしっかり診察することが大切です。

 

スポンサーリンク

 

【潰瘍性大腸炎の手術費用について】
潰瘍性大腸炎の手術が必要になることがありますが、その場合に気になるのが手術費用ではないでしょうか。
入院日数が増えると手術費用もかさんでしまいますので、事前に確認しておく必要があります。
気になる費用ですが、特定疾にかかる費用で済みます。
ですので、手術費用としては、通常は3〜4程度を見ておくといいでしょう。

 

しかし、個室に入院すると差額ベット代も必要になりますので、その分の費用も見ておく必要があります。
さらに保険なしの場合は、術前2週間、術後3週間に入院すると、100〜130万程度の費用がかかります。
このうち手術費用は38万円程度になります。
このように症状によって費用が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

 

潰瘍性大腸炎の治療方には、内科的治療と外科的治療にわかれます。
このうち外科的治療になると手術費用がかかりますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

スポンサーリンク