潰瘍性大腸炎 保険適用

潰瘍性大腸炎の保険適用について

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎にかかった時、その治療費が気になる人も多いはずです。
症状が重くなると治療費もかさんできますが、そういう時に便利なのが保険です。
潰瘍性大腸炎の場合、はたして保険適用になるのでしょうか。

 

 

【潰瘍性大腸炎と保険適用について】
潰瘍性大腸炎で治療をする際、保険のことが気になる人が多いのではないでしょうか。
この病気は「特定疾患」、つまり難病に指定されていることから、保険適用の対象になります。
病院で潰瘍性の大腸炎と診断された場合、特定疾患受給者に認定されることで保険適用になり、通院や入院で必要な医療費を軽激できます。
病気の症状はひとりひとり異なりますので、その症状の程度によって、毎月一定額の負担だけになります。

 

みなさんの中で病気の治療をしている方は、保険適用によって現在負担している額が軽減されるかもしれませんので一度確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【保険の手続きについて】
病院で潰瘍性大腸炎と診断された場合、次は保険適用の手続きを行います。
この場合、まずは保健所に行ってください。
病気の診断を受けた方は、最寄りの保健所に行って手続きを行います。
保健所の中には難病課という部署が存在していますので、そこで「特定疾患受給者」の申請用紙を受け取ってください。

 

特定疾患受給者の申請書をもらった後は、診察をしてもらった病院に行き、診断書と申請書を医師に書いてもらい、もう一度保健所に出向いて書類を提出します。
これで手続きは完了ですが、実際に申請の続きをした後、それが適用されるまでにはある程度の時間がかかります。
ですので、なるべく早く申請することが大切です。
病院の診断を受けたら、すぐに保健所に出向いて申請の手続きをするようにしてください。

 

潰瘍性大腸炎の治療で通院したり入院したりすると、治療費がかさむことがあります。
そういう時に便利なのが保険であり、潰瘍性大腸炎は保険適用になりますので確認しておきましょう。
また、手続きには時間がかかりますので、早めに申請することが大切です。

スポンサーリンク