潰瘍性大腸炎 レミケード 効かない 原因

潰瘍性大腸炎のレミケードが効かない原因

スポンサーリンク

いろいろ、潰瘍性大腸炎の病気で問題を抱えている人たちもいらっしゃるようです。
潰瘍性大腸炎には、レミケードが効かないというケースについてここでは触れてみましょう。

 

 

【潰瘍性大腸炎に注意しなければならない】
若い人たちも潰瘍性大腸炎に注意をしなければならないと言われています。
潰瘍性大腸炎は、20代あたりから発症する可能性があり、かつて、安倍晋三首相も悩まされている病気です。
決して人ごとではないのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

【潰瘍性大腸炎の原因】
それは、何らかの原因によって腸の粘膜が炎症を起こすことにより、下痢や血便などの症状を引き起こす病気のようです。
最近では、特にこのような病気にかかっている人たちが増えてきているとも言われています。
食生活の変化が原因とも言われています。
潰瘍性大腸炎は、大腸癌へ移行してしまうリスクもあり、症状が重い場合には、摘出手術を行うこともあります。

 

 

【レミケードとは レミケードが聞かない? 原因は……】
そもそも、レミケードとはなんなのでしょうか。
治療薬であるレミケードは、いままで一般的には、治療はステロイド剤を使用していたのですが、2010年からこのような薬が使用されるようになって来ました。

 

点滴によって投与される薬で、炎症を抑える作用があります。
レミケードは、即効性があり、多くの人たちに使用されるものの、副作用にも注意をする必要があり、かつ効かないという人たちも中にはいらっしゃるようです。

 

 

【効かない原因】
潰瘍性大腸炎に、レミケードが効かない原因はどのようなことを考えることが出来るのでしょうか。
1回目の投与から効かないという人たちもおり、数回投与しないと効かないという人たちもいます。

 

実際には、すぐに効かないという場合でも、継続によって効果がある場合もあります。
実際に原因として、使用し続けることによって、抗体が作られて、効かないことが起こったりしてまうようですが、その場合は、対処法として別の薬に切り替えたりします。

スポンサーリンク