潰瘍性大腸炎 発熱 原因

潰瘍性大腸炎で発熱!その原因とは

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎は痛みや下痢、血便と合わせて発熱を伴う事もあります。
まれに発熱がない場合もあるので、熱が出る場合とでない場合の原因の違いはあるのでしょうか。

 

 

【潰瘍性大腸炎の症状と原因】
潰瘍性大腸炎は、下痢や腹痛、血便といった症状と合わせて発熱を伴う事もあります。
特定難病に指定されている事から、これらの症状が出ている原因ははっきりとは解明されておらず、治療方法も確立していないのが現状です。
原因がわからない分、治療自体が長引く事も多い事から、上手に病気と向き合っていく事が必要となります。

 

 

【潰瘍性大腸炎の痛み】
潰瘍性大腸炎は、痛みや発熱がありますが、特に腹痛は下剤を飲んだ時のお腹の痛みがずっと続いている状態といえるほど苦しい状態になります。
ストレスなどを溜めると症状が悪化するケースが多い事から、日常的にストレスを溜めない生活を心がける事もそうですが、どのような時に悪化しやすいかなどを自分になりに知っておくと対処がしやすくなります。

 

また、現段階では免疫システムに異常が生じていると考えられているため、炎症や発熱などが続き、自分の大腸を攻撃してしまい、びらんや潰瘍を作り出していると言われています。

 

スポンサーリンク

 

【潰瘍性大腸炎で発熱を伴う場合の対処法】
原因がわかっていなくても、下痢や血便発熱といったように、症状が出ている場合は症状を和らげるための対処を行う必要があります。
特に発熱に関しては、体の防御反応のひとつでもあるため、下痢や血便などによって発熱が起こっている事も考えられます。
また、ストレスが引き金となっている事もあるので、今の自分の生活状況を考慮しながら上手に対処していく事が必要です。

 

潰瘍性大腸炎は原因がわかっていない難病のひとつのため、一度なると長く付き合っていく必要があります。
原因がわからなくても、症状を引き起こしている要因は予想する事ができるため、自分の良く出る症状や悪化するときの状況を考慮して上手に付き合っていくようにしましょう。

スポンサーリンク