潰瘍性大腸炎 痛み 緩和法

潰瘍性大腸炎の痛みの緩和法

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎は痛みがひどくなると、生活するのも難しくなるほどひどく苦しむ事になります。
痛みがひどい時の緩和法などはあるのでしょうか。

 

 

【潰瘍性大腸炎の痛み】
潰瘍性大腸炎は、下痢や腹痛、血便を伴う症状が特徴的です。
特に腹痛はひどく、下剤を飲んだ時やお腹を壊した時の激しい痛みが常に続いている状態と表現される事が多くなっています。
特に、トイレでの排便中もそうですが排便後も継続して痛みが続くため、トイレに行ったからと言って治まるわけでないのがつらいところといえます。

 

 

【痛みの原因は】
潰瘍性大腸炎は痛みと下痢、時には発熱もあります。
また、発症すると治りにくい難病でもあるため、治療にかかる費用はもちろん日数も長くなると覚悟が必要になります。
特に、腹痛に関してはひどくなる事もあるため、ひどくなった原因などを突き止めて、緩和法などを調べておくことも必要です。

 

スポンサーリンク

 

【腹痛の緩和法】
潰瘍性大腸炎で腹痛が出ている時の緩和法を知るためには、やはり原因を知っておくことが大切です。
特に、痛みの原因として、薬の副作用で起こっている事もあるので、今行っている治療や薬を見て判断する事も大切です。

 

特に、腸に必要な悪玉菌と善玉菌のバランスが取れている事が腸内環境を保つためには不可欠なため、今服用している薬が悪玉菌を増やしてしまっていないかなどを確認して、痛みの腹痛の原因を調べる事が必要です。

 

 

【原因を知ると自然とできる緩和法】
緩和法というと大げさになりますが、腹痛の原因を知る事で、少しの工夫で腹痛を和らげる事につながります。
特に、悪玉菌が悪さをしている場合は、善玉菌を増やす事で大きく、腹痛を和らげる事ができるため、原因を知る事で緩和法につながっているともいえます。

 

潰瘍性大腸炎は発症すると完治させるには、かなりの時間がかかると言われています。
日ごろからストレスを軽減する暮らしをする事はもちろん、食事などにも気を配る事で、症状を和らげる事につながるため、長い治療期間、潰瘍性大腸炎と上手に付き合っていくためにもまずは性質を知っておくことが大切です。

スポンサーリンク