潰瘍性大腸炎 腹痛 激痛 原因

潰瘍性大腸炎で腹痛!激痛を伴う原因について

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎は原因不明の難病に指定されているため、症状に合わせて対応していく事になります。
また長く治療も続く事が多いため腹痛などの激痛で苦しむ事もありますが、その時にどう対処すべきかを上手に分析して対処していく事が大切です。

 

 

【潰瘍性大腸炎の腹痛と原因】
潰瘍性大腸炎になると、腹痛と下痢などが初期症状といえますが、初期の段階では感染性胃腸炎などと見分けが難しく、中々原因にたどりつかないケースもあります。
特に、感染性胃腸炎の下痢や発熱腹痛と言った症状は、潰瘍性が胃腸炎とかぶる症状でもあるため、見落とされがちという点もありますが、潰瘍性大腸炎が国が指定している難病でもあり、尚且つはっきりとした原因がわからないという点やここ最近増えてきているという事からも、あまり知られていない疾患である事も関係しています。

 

いずれの場合も、激痛に見舞われるのには間違いないので、ただの下痢と侮るのではなく、少しでも様子がおかしい場合は、早めに医師の診察を受ける事が大切です。

 

 

【潰瘍性大腸炎の激痛】
潰瘍性大腸炎になると、腹痛、発熱、下痢、血便という症状がありますが、悪化すると繰り返し下痢や下血をする事で痔や大腸がんのリスクも高くなってくるので注意が必要です。
潰瘍性大腸炎になる原因はまだ解明されていませんが、数年前までは日本ではめずらしく、欧米で多い疾患でした。
しかし、食生活の変化などに伴い日本でも急激に患者が増えてきているという現状があります。

 

スポンサーリンク

 

【いきなり激痛の症状が出る事も】
普段から腹痛は当たり前のようにありますが、治療などを行っていていきなり激痛に襲われる事もあります。

 

これは、初期の治療では腸の消毒の意味合いもあり、腸内に必要な菌も殺菌してしまうケースがあります。
そうなると、腸内で悪玉菌が増えてしまい、激痛に襲われるという悪循環が起こる事があるので、ある時突然激痛に襲われたが腸内環境を整える事が必要と考えて、まずは医師に相談をする事が大切です。

 

潰瘍性大腸炎の原因はまだわかっていませんが、症状が出たときの対処法など、腹痛などの症状を和らげるための緩和法などの研究も進んできています。
原因がはっきりすると完治に至るまで短期間ですみますが、治療には長期かかる事を予定してうまくコントロールしていく事も大切です。

スポンサーリンク