潰瘍性大腸炎 セイタイン 副作用

潰瘍性大腸炎の漢方セイタインは副作用はあるの?

スポンサーリンク

国指定の難病にも指定されいる疾患が、潰瘍性大腸炎です。
有効的な治療法が確立されていない事もあり、医師からも漢方薬のセイタインを勧められる事があるようです。
漢方薬の事はあまり知らないという人も多く、副作用などの心配はないのでしょうか。

 

 

【潰瘍性大腸炎に聞く漢方薬とは】
潰瘍性大腸炎は、原因不明の疾患のため治療方法なども確立されていない、国指定の難病になっています。
そのため、下痢や発熱、腹痛、下血といった症状があっても治療を続けていけば完治できるというわけではなく、長い付き合いになる事を覚悟する必要があると告げられるケースが多くなっています。

 

そのため、少しでも症状を和らげるために、生活習慣の改善をしたり、アルコールを飲まない、健康的な生活を心がけるなど、自ら進んで対応策をとっている人も多く、医師に勧められる前に、情報を探して漢方薬のセイタインを試している人もいます。

 

 

【潰瘍性大腸炎に聞くと人気のセイタインとは】
セイタインは炎症を和らげる作用のある生薬で、下痢、腹痛、血便などの症状を緩和するのに最適と言われています。
炎症を起している地を冷やしたり、腫れをとる作用もあるので、炎症を起している大腸にもうってつけの漢方薬といえます。

 

ここで気になるのが、副作用などはないのかという点です。
病院で処方されるくすりの場合、薬剤師や医師に相談をして副作用の有無を聞く事ができますが、漢方薬はあくまでも自己責任で服用する必要があるため、万が一副作用が出たときの不安はつきものといえます。

 

スポンサーリンク

 

【セイタインの副作用について】
潰瘍性大腸炎を患っている人の症状は人それぞれ出方がありますが、どんあ薬も副作用は出る出ないの個人差があります。
セイタインを飲んででる可能性がある副作用としては、やはり発熱や便秘腹痛などがでるケースもありますが、まれに肝臓の数値が上がるなどの副作用が生じる事もあるので、定期的に医師の診断などを受ける事が大切です。

 

潰瘍性大腸炎を患うと長い期間の闘病が必要となります。
なるべく痛みを和らげる事を考えると、副作用のあるなしを知って、セイタインなどの漢方なども試してみながら、自分なりに潰瘍性大腸炎と向き合っていく事が大切です。

スポンサーリンク