潰瘍性大腸炎 悪化 症状

潰瘍性大腸炎の症状と悪化について

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎は下痢や血便などの症状と合わせて、発熱なども伴う腸の疾患です。
長引く事も多いので、症状が出たら早めに医師の診察を受けて治療を開始する事で悪化を防ぐ事につながります。

 

 

【潰瘍性大腸炎とは】
潰瘍性大腸炎とは、大腸の表面を覆っている組織がただれる、穴が開いてしまうという病気です。
悪化すると、最初は肛門に近い部分の直腸あたりからはじまって、悪化すると大腸全体へ広がっていくため、症状が出てきたら早めに医師の診察をうけて治療を開始する事が大切です。

 

 

【潰瘍性大腸炎の主な症状】
主な症状は、下痢や軟便、腹痛、血便です。
これが、単純にお腹がゆるいと解釈する人もいますが、かなりの腹痛で下剤を飲んだような痛みがずっと続いていると言っていいほどの症状が完治するまで続きます。
また、血便もひどくストレスや疲れが続くと悪化する事もあるため、悪化させないためにもストレスを極力ためずに過ごす事が大切です。
また、悪化すると大腸がんのリスクも高まると言われているので、病気が疑われる場合は早めの治療が大切です。

 

スポンサーリンク

 

【潰瘍性大腸炎の治療】
潰瘍性大腸炎の治療は、検査などで高額の費用がかかるため、難病指定をうけてから治療をするのがおすすめです。
また、治療は飲み薬が主ですが、改善が見られなかったり、悪化しているのが目に見える場合は高度な治療を行うため、1回の治療で何万円もかかるケースがあります。
請求がきてから驚かないように、事前に費用面での相談をしておくことも大切です。

 

 

【潰瘍性大腸炎の薬】
一般的に病院で処方される薬を使用する場合もありますが、最近では漢方薬なども処方してもらい試してみる人も多いようです。
中々完治が難しい病気のため、効果がありそうなものはどんどん試してみるのもひとつの方法といえます。

 

潰瘍性大腸炎は症状が出ないと中々診断を下される事がすくない病気でもあります。
診断までに時間がかかる事もあるため、少しでも異変を感じたら早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク